ルミナスホワイト

ルミナスホワイトの効果は嘘?口コミや評判への真相は?

ルミナスホワイトの効果は嘘なのでしょうか?口コミ、評判への真相を調べてみました!

寝不足でも美肌になりたい!日常生活にプラスしたいこと4つ

 

毎日毎日、仕事に家事と追われて気づけば寝不足…。肌も荒れがちで美肌とは程遠い、なんてため息をついていませんか?

今回はそんな寝不足でも美肌になりたい女性の為に、普段の生活にプラスしたい事をまとめてみました。

 

 

保湿をしっかりする

寝不足のお肌に一番大事なのは、保湿をすることです。

 

まず、眠る前の洗顔の後には保湿クリームをたっぷり塗りましょう。

 

そして、朝・晩の洗顔の後には化粧水をコットンや手などでしっかりつけます。

 

目安は、触ってみて気持ち良く冷たくなっている状態。もしくは、手に肌がひたっとくっつくようになるくらいまでです。

 

じっくりコットンでパッティングしている暇がない、という人はシートマスクをお風呂上がりにつけるのも良いですね。

 

また、それでも難しい、という場合は保湿効果の高い化粧品に変えてみるのもオススメですよ。

 

顔のマッサージをする

保湿クリームを塗った後などに、顔のマッサージをするのもオススメ。

 

額や頬は指の腹でくるくる優しくマッサージしてあげましょう。疲れの溜まっている目頭や目元を指先で気持ち良い程度に押してあげるとクマも改善できますよ。

 

マッサージをするとお肌の血行がよくなるため、くすみやむくみも、取れるようになります。

 

美肌になる準備運動になる他、小顔効果も期待できるので、少しでも余裕がある日には是非ともやってみて下さいね。

 

ビタミンBを積極的に摂る

寝不足のお疲れ肌でも肌荒れを防ぐ効果があるのが、ビタミンB群です。豚肉やレバー、マグロや緑黄色野菜などに多く含まれています。

 

ニキビができにくくなったり、お肌のターンオーバーを促進してくれたりと、美肌を作る上でも大事な作用をもたらしてくれますよ。

 

海苔や納豆、卵などにも含まれています。いつもの朝ごはんを、納豆卵かけご飯とみそ汁にしてみる、なんていうのも良いかもしれません。

 

質の良い睡眠を摂る

眠れる時間がいつも短い、という人は良質な睡眠を摂るように気をつけるのも大事です。

 

まず、眠る前にコーヒーなどのカフェインが入っているものは、避けてホットミルクなどに変えましょう。

 

眠る前まで、難しい事を考えたり、スマホで遊んだりするのも控えるのがオススメ。

 

脳が覚醒している状態で眠ると、美肌に必要な成長ホルモンが分泌されないためです。また、お肌のゴールデンタイムである夜22時~深夜2時までに眠らなくても、三時間しっかり眠れれば良い、という説もあります。

 

なので、短時間の睡眠でもしっかり眠る体勢を整えるようにできれば、お肌のターンオーバーもきちんと行われれるようになりますよ。

 

まとめ

寝不足でもカバーできる美肌対策についてまとめてみました。

 

一番いいのはたっぷり眠る事だとわかっていても、現代女性にとっては中々難しいことですよね。

 

紹介した美肌対策を全部きちんとやろう、とするとストレスになってしまいます。しかし、ストレスは美肌の大敵。なので、出来る事から少しずつ、日常の生活に取り入れてみて下さいね。

 

習慣を変えて美肌を作ろう!美肌になれる習慣4つ

 

年齢を重ねる事に気になってくるのは、お肌のハリツヤなどですよね。

美肌を目指して、美容液などをこまめに使っている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、実はちょっとした習慣を変えるだけでも美肌作りに効果があるってご存知でしたか?

今回は、すぐできる美肌に効果がある習慣を4つご紹介します。

 

体を温める

体を冷やしてると、体内の巡りが悪くなるため、肌荒れもしがちになってしまいます。体を温めることで、巡りが改善され、血行も良くなるので、お肌が健康的になりますよ。

 

すぐできるオススメ習慣は、起きてすぐに、熱すぎない白湯を飲む事。冷たい水は内臓を冷やしてしまうし、熱すぎると乾燥を呼んでしまうためです。飲むと、じんわり温かくなる程度が目安でしょうか。

 

お湯を沸かさなくても、レンジでチンでもOK。内臓を中から温めることで、体全体を温めるスイッチが入るようになります。

 

快便になる

体内の巡りに必要不可欠なのが、良いお通じであるということ。便秘になってしまうと体内に毒素が溜まったままになるので、肌に悪いどころか、体にも良くありません。

 

なので、快便を促す食材を普段の食事に積極的に摂る事がオススメ習慣です。

特に、和食中心の食生活を心掛けることができればより、快便になりやすくなりますよ。

 

ヨーグルトなどの腸内環境を整えてくれるものを摂るのもオススメですよ。

 

新陳代謝を良くする

お風呂にゆっくり浸かったり、新陳代謝を良くする唐辛子やにんにくなどの辛い食材を少し料理にプラスすると新陳代謝が改善されます。

 

そして、日常生活に週に2日は10~20分、おでかけの際などにでも歩くのがオススメ習慣。

通勤をその時だけ徒歩に変えてみたり、一駅分は歩く、などに変えるだけでもクリアできます。

 

激しい運動をしないまでも、少し運動をすることを心がけてみるだけで、新陳代謝は少しずつ上がっていきますよ。

 

しっかり眠る

美肌を作る上で、一番大事にしたいのが、睡眠です。お肌のゴールデンタイムである夜22時から夜中2時はしっかり眠っておきたいところ。

 

けれど、仕事などで中々眠ることが難しいですよね。

なので、睡眠についてのオススメ習慣は、眠る前にスマホを見るのを止める、です。

 

スマホを使いながら眠ってしまう、という事が習慣づいていませんか?

脳が起きている状態になってしまうので、しっかり眠れていないことになってしまうのです。

 

そうすると、お肌に大事なホルモンが分泌されなくなるため、肌荒れになってしまう原因になってしまいますよ。

 

まとめ

以上、美肌になれる習慣についてまとめてみました。

ポイントは、全部を一度にしようとしない、ということ。自分がこれなら出来そう、と思える小さな所から、少しずつ変えていくようにしましょう。

 

ストレスを感じることなく、毎日続けられることが美肌になるための、一番大事な事になってきます。

少し日常生活を気に掛けるだけで、ぐっと肌の調子も良くなる事、間違いなしです。

 

美肌になりたい人必見!美肌に良い果物4つ

 

美肌ケア、していますか?

やりたいのは山々だけれども、時間と心に余裕がない!

という貴女にオススメしたいのが、果物です。

 

ビタミンCなどが豊富な果物は、美肌作りにもぴったりなのですよ。中でも美肌になるために、日常的に食べやすい果物を4つご紹介しますね。

 

バナナ

お肌を健康的に保ってくれるビタミンAを作る素となるカロテンが豊富に含まれています。

また、マグネシウムや鉄分などのミネラル分もたっぷり。なので、お通じを良くして、肌荒れの一因でもある便秘改善にも効果があります。

 

特にオススメなのが、朝ご飯に食べる事です。一時、朝バナナダイエットというものが流行っているのを覚えている方も多いのではないでしょうか。

 

バナナは美肌にもばっちり効果がある上、朝の活動を支えてくれる糖質や栄養がたっぷり。スペシャル果物と言っても過言ではないでしょう。

 

オレンジ

お肌のハリツヤの素となる、コラーゲン作りを促進してくれるのがビタミンCです。ご存知の通り、柑橘類にはたっぷり含まれていますよね。

 

そして、他にビタミンAやビタミンB1、B2なども豊富に含まれています。これらは、美肌を作ってくれる上、脂肪燃焼にも効果があります。

 

果物の中でも、多種類のミネラルやビタミンが含まれているので、バランス良く美肌に良い栄養素を摂ることができますよ。

 

リンゴ

リンゴの皮に含まれているポリフェノールには、抗酸化作用があります。なので、皮ごと食べることで、老化を促進させる活性酸素からお肌を守ってくれるんです。

 

エラスチンやコラーゲンといった、若々しい肌に必要な栄養も含まれています。

一個まるごと食べるとご飯一杯分のカロリーになってしまうのが難点。朝ご飯代わりや、お腹が空いた時の間食に、半分食べるくらいが無難ですよ。

 

グレープフルーツ

ビタミンCたっぷりなグレープフルーツは、半分食べるだけで一日の必要量を摂れる程なんです。スーパーで買うにも、そんなに高くなる事もないので買いやすい果物の一つですよね。

デトックス効果のあるカリウムも含まれているので、ダイエットしている時にはぴったりですよ。

 

但し、グレープフルーツを食べる時には朝食べるのはタブーとなっています。その理由は、グレープフルーツに含まれている「ソラレン」が、紫外線を吸収しやすくしてしまうためです。

 

美肌になりたいのに、シミができやすいきっかけを作る事になってしまいます。なので、グレープフルーツを食べる時には、朝ではなく、夜食べるようにしましょう。

 

まとめ

以上、美肌作りに良い果物をまとめてみました。

日常の食生活に少し取り入れるだけでも、効果がありますよ。

 

また、ダイエットを気にしている人なら、ついつい間食に食べてしまうお菓子を、果物に変える事で肌にも良いんです。

ダイエットしながら美肌が作れるので、まさに一石二鳥。

 

但し、美肌になりたいからと言って一度にたくさん食べてしまうのは、糖分の取りすぎになってしまいます。なので、一日の摂取量には注意しましょう。

美肌になる為のお風呂の入り方!お風呂の温度や時間は大事な要素

 

お肌の状態は、毎日鏡を見るたびに気になる事柄ですよね。

 

肌は自分よりも、お話ししている時などに他人に見られる部分です。

 

実は、自分よりも他人の方が自分の肌の荒れ具合をじっくり見てしまう機会もあるかもしれません。

 

自分で思っているよりも、周りの人に、この人肌が荒れていて汚いなあと思われていたら嫌な気持ちになってしまいますよね。

 

自分で肌の荒れ具合が分かっている場合なら、マスクで隠したくもなりますよね。

 

しかし、毎日マスクで肌を隠す訳にもいかないので、常に美肌でいたいもの。

 

美肌でいる為の方法の一つとして、お風呂を活用する方法があることはご存知でしょうか。

 

お風呂は毎日入る人も多いです。

 

そこで、今回は美肌になる為のお風呂の使用方法についてご紹介していきます!

 

お風呂によるメリット

お風呂は入るとスッキリしますよね。

 

一日で疲れた体は、お風呂に入るとリラックスしてホットすることもできます。

 

人によっては、時々温泉に入ってリラックスする人もいるかもしれません。

 

有名な効果としては、体の中の新陳代謝が良くなる、体の老廃物が排出される、血流がよくなることが挙げられます。

 

また、お風呂に入ると体温も上がるので、体温が上がるとより深い睡眠をとることも可能になるのです。

 

この睡眠こそが、美肌を維持することにも繋がると言われています。

 

睡眠の為のお風呂活用方法

では、どのようにお風呂に入ると良い睡眠をとることができるのでしょうか。

 

具体的な方法としては、寝る1,2時間前に入ることをお勧めされています。

 

そして、温度は39度ほど、5分から20分が適度な時間です。

 

いつもお風呂の中で本や映画を見ているという人にとっては、最大20分という時間はとても短い時間に思えてしまうかもしれませんね。

 

温度も40度を超えた方が、体を温めることができたと実感できるという人も多いでしょう。

 

しかし、あまり熱すぎる、長く入りすぎても逆効果になることもあるんです。

 

長湯、熱すぎるお風呂のデメリット

では、熱すぎる温度のデメリットは何でしょうか。

 

それは、肌の保湿成分までも汗と共に流れてしまう為に、肌の乾燥を誘発することです。

 

血流も良くなりすぎると逆効果ともいわれるので、熱すぎることもよくないこと。

 

ですので、熱すぎない39度ほどの温度でさっと20分以内お風呂につかることが一番体にとって良い方法なのです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

美肌については、多くの女性の悩ましい問題です。

 

美肌は一日で作れるものでもありません。

 

もちろん食生活や普段の生活習慣も肌の状態に影響してきます。

 

しかし、少しお風呂に入る方法を変えることで美肌に繋げることができるのです。

 

日々、できることから美肌に向けてコツコツ努力すれば、いつかそれは肌の状態として自分の体の状態に結果として現れます。

 

毎日のお風呂の習慣を見直して、少しでも美肌に向かっていきましょう!

 

シミの原因は4種類!自分のシミの原因を知って対策をしよう

 

お肌に関する悩みは、女性にとって消えない問題ですよね。

 

毎日鏡で自分の肌は見るものですから、一度気になると毎日着になってしまうもの。

 

特にシミが気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

シミの悩みはよく聞きますが、そもそもシミの原因ってご存知ですか。

 

一次的にシミが消えたとしても、またシミが出来てしまったら意味がないですよね。

 

せっかくシミを消すのであれば、もう二度とシミができないようにしたいです。

 

そこで、今回はシミができる原因についてまとめてみました!

 

紫外線よるシミ

シミができる大きな原因には、4つあります。

 

まず一つ目の原因は、紫外線です。

 

紫外線によってシミができやすい、だから日焼け止め対策をするということを聞いたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

多くのシミができる原因は、この紫外線によるものです。

 

シミのイメージとしては顔にできるものを思い浮かべるかもしれませんが、紫外線によるシミは顔だけにとどまりません。

 

顔以外にも、手、背中、腕などにも紫外線によるシミはできるといわれています。

 

ニキビによるシミ

二つ目の原因は、ニキビや火傷等の炎症です。

 

ニキビは顔にできることが多く、思春期の時に悩みの種になるもので有名です。

 

しかし、ニキビ等はできて、消えるだけではなく、その後もシミの原因になるんです。

 

ニキビのあとには褐色のシミができやすいといわれているので、ニキビの後にシミができていたら、一度ニキビによるシミを疑ってみてください。

 

ホルモンバランスによるシミ

3つ目のシミの原因は、ホルモンバランスです。

 

ホルモンのバランスが崩れると、体にも不調が表れます。

 

ホルモンバランスによっても顔にシミはできやすいといわれていて、ホルモンバランスによってシミができた場合、そのシミが更に紫外線によって悪化してしまうこともあるのです。

 

年齢が比較的高い人にはできる可能性は低いようなので、年齢が若い人が比較的多いようですね。

 

ホルモンバランスが崩れる理由の一つに挙げられるものとして、妊娠避妊薬などがあることも一理あるようです。

 

遺伝によるシミ

最後にご紹介するシミができる原因は、遺伝によるものです。

 

遺伝によるものは、自分では避けて通れないものなので、仕方ない面もあります。

 

早い人では3歳くらいから遺伝によるシミができる人がいるようで、「そばかす」といわれます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

そばかすもシミの1種であることを知らなかったという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

シミが原因で肌が汚く見えてしまうのは女性にとっては非常に悩ましい問題ですよね。

 

シミに関しては、美容に関する悩みの中でもよく聞く悩みです。

 

同じシミでも、シミによってできる原因は様々なので、シミをなんとか消したいという人も、自分のシミは何が原因でできているのかを理解し、自分のシミにあった対策を講じるように心がけましょう!

ルミナスホワイトの公式サイト
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報